炭酸水メーカー 炭酸ガスボンベ充填

DIY

こんにちは、「みらはつ」です。

秋っぽくなってきましたが、今年も暑い日が多かったですね。

昨年からボクは自宅でのメインの飲み物を炭酸水に変えました。

身体をやっちゃってお酒が飲めなくなったので、せめてシュワシュワぐらいはたらふく飲めるようになりたい! という思いから、炭酸水メーカーを購入し、自宅でも強炭酸をいつでもキュッと飲めるようになりましたが、炭酸水メーカーの交換用ボンベって結構するんですよね・・・

そこで、空になった交換用ボンベにミドボン(ミドリの炭酸ボンベ)から炭酸ガスを再充填する!ツールと方法を見つけましたので紹介していきたいと思います。

炭酸水メーカー

わが家では2018年6月にSODA MINI(ソーダミニ) 炭酸メーカー レッド SM1002を購入しました。

購入前は業務用スーパーで、地域最安の炭酸水500mlで39円(税抜き)をケース買いしていましたが、購入時の運搬、ペットボトルゴミが大量に出ることの不便さと、またコスパもよさそうなこともあり、炭酸水メーカーの購入に踏み切りました。

最初は炭酸水メーカーとして、知名度の高いソーダストリームを検討しました。

サイズは(約):W13.5×D23.5×H42.0cmと、キッチンに置くにはけっこう存在感があります。

また付属のボトルが1000mlとかなり大きく、1回では飲み切れず、時間がたって炭酸が抜けることが予想されました。

キッチンに置くのに邪魔にならないサイズが奥さんからの要望だったので、一回りコンパクトな サイズが W10.8×D18.0×H31.0 cm で、ボトルが350mlと飲み切るにはちょうどいいサイズソーダミニに決めました。

SODA MINI(ソーダミニ) ガスボンベ

ソーダミニの公式オンラインショップですと、 予備用 炭酸ガスボンベ: SM3001(新規購入用) が 2420円(税込み) 2回目以降の交換用 炭酸ガスボンベ:SM3002だと 1620円(税込み)となっていますが、 SOLD OUTとなっており、次回入荷が11月下旬となっていました。

今現在10/11ですと、 Amazonで 3本セットが6,357円、1本で2,980円で販売されています。

以前は1本1,400円台でも販売されていたので、少し値上がりしています。

3本まとめて購入したほうがお買い得ですが、毎回3本で5,000円~6,000円だと結構な出費です。

わが家の消費量だと1本約2週間ほどですので、3本だと約1か月半、1か月半ごとに5,000円、この出費を抑えることを考え、何か方法はないかと探しミドボンにたどり着きました。

ミドボン

正式名称は何というのでしょう?

Amazonでは『液化炭酸ガスボンベ 』として販売されていますね。

外観がミドリ色をしているので通称として【ミドボン】として呼ばれています。

居酒屋さんなんかでサーバーのそばに置いてある、あれです。

これを調達してこないといけなかったのですが、何と、わが家では使わずに、埃をかぶった状態でずっとクローゼットの片隅に忘れ去られたミドボン5㎏が1本ありました\(^o^)/!!

ボクがまだ元気にお酒を飲んでいた時代に、趣味で自ビールを作ることに凝って買い揃えたミドボンが出てきたのです!

中身がどれぐらい残っているのか?

ちょっと心配でしたが、バルブをひねると勢いよくガスが噴出しました。

直結アダプター

このミドボン(ミドリの炭酸ガスボンベ)から、空になったガスボンベに充填します。

インターネットで検索し、ミドボンと交換用ボンベをつなぐ直結ツールを 5,280円 で購入しました。

これをミドボンに接続しますが、アダプターの袋ナットのナット径が大きく、ボクの持っているレンチでは対応できませんでしたので、ホームセンターでウォーターポンププライヤーを購入しました。

内側にパッキンが入っていることを確認し、袋ナットをミドボン口に手締めし、プライヤーでしっかりと締め付けていき、固定します。

充填

充填前の準備として交換用ボンベは冷凍庫でキンキンに冷やします。

冷やしたら充填前にボンベの重量を測っておきます。

ソーダミニのボンベはガスの内容量が210gなので過充填にならないよう、はかりで計測しながら充填していきます。

今回は空で519gなのでプラス210gで、729gまで充填します。

冷やしたボンベを、 アダプター口の内側にもパッキンが入っていることを確認し アダプターに接続。

ボンベの口はネジになっているのでアダプター口にねじ込みます。

ミドボンのバルブをゆっくりゆっくり開きます。

充填されていく音を聞き、音が聞こえなくなったらバルブを閉め、アダプターから外し計測して充填具合を確認します。

一回では満タンにはならないので、また冷凍庫でキンキンに冷やします。

冷えたらまた充填を繰り返します。

ソーダミニのボンベ210gだと 空の状態から、

冷却→充填→冷却→充填

2回でだいたい満タンになります。

もう一度充填して計測。

728g!ばっちり満タンです。

ミドボンは5kgあるのでソーダミニボンベ210gで割ると

5000÷210=23.8回分

充填できる計算ですので、ボンベ23.8本分。

公式オンラインストアで購入すると、

23.8本×1620円=38571.4円です。

ミドボンをまだ購入に至っていませんが、おおむね酒屋での相場が初期費用8000円、中身代が3000円~5000円ほど。

コストパフォーマンスサイコーですね!

今のミドボンが空になったら、売ってくれる酒屋さんを探してまた報告したいと思います。

ソーダミニ ボンベの消費平均

ここ最近のボンベ満タンから空になるまで毎回「正」の字書いて回数を計測してみました。

汚いメモで恐縮ですが、こちらを清書して見ますと、

8/17~8/31 満タンボンベ715g 38回

8/31~9/13 満タンボンベ727g 37回

9/13~9/28 満タンボンベ不明 38回

9/28~現在  満タンボンベ不明  33回使用中

となっています。

平均すると満タンで約二週間、40回弱使えています。

こちらは参考まで、でした。


※試される際はあくまで自己責任でお願いします。

コメント

  1. yukimitsu ueda より:

    私も、妻の勧めでソーダストリーム購入しましたが、ガスシリンダー購入が面倒だと思っていたところ、貴方のブログを拝見し私も挑戦してみようと思い連絡させて頂きました。そこで教えて頂きたいのですが、ミドボンと交換用ボンベをつなぐ直結ツールを、どちらで購入できますか又、ガスシリンダーはアダプター口の内側にねじ込むだけでいいのですか、他には調整はしなくてもいいのでしょうか、アダブターには黄色いネジもあるみたいですね。恐れ入りますがもう少し詳しくお教え頂くと有難いです。ご無理を申しますが宜しくお願い致します。

    • hatusan より:

      コメントありがとうございます。ご質問の返答はメールにてさせていただきましたので、ご確認ください。ボンベの充填は慣れれば簡単で経済的です。

  2. 板倉 隆宏 より:

    こんにちは。

    ブログを拝見し私も挑戦してみるべくご連絡させていただいた次第です。
    そこで教えて頂きたいのですが、直結ツールの購入場所、および手順に
    ついてもう少し詳しくご教示いただけないでしどうぞよろしくお願いし
    ます。

    追記
    LEDライト変換、私も試してみました、暗い豆球にちょっと物足りなさ
    を感じていたのでLEDに変換し気分も晴ればれです。
    こちらもお世話になりました!お礼まで

    • hatusan より:

      板倉 隆宏 様

      コメントありがとうございます。
      ご質問の返答はメールにてさせていただきまので、
      そちらを確認いただけたら幸いです。

      LEDライト交換も記事を参考に試していただいたんですね、ありがとうございます。

      意外と簡単にできるけど、やるとけっこう便利なDIYをいろいろ模索して記事にしています。
      またよろしければのぞいてみてください

タイトルとURLをコピーしました