メモリ増設 超簡単だった・・・(開封~実装)

PC

こんにちは、「みらはつ」です。

メモリーを購入し、自宅に届きましたので、開封から実装までをレビューします。

メモリー到着 開封  SAMSUNG M471B5273CH0-CH9

楽天で購入したメモリーが自宅に届きました!

開封して確認します。

SAMSUNG M471B5273CH0-CH9 4GB ×2枚 合計8GB!

どこのメーカーにするか特に希望は伝えていませんでしたが、

フワッと有名メーカー希望だったので、 「SAMSUNG」 で満足です(●´ω`●)

Made in Chinaと Made in Koreaですが、問題はないのでしょうか?

あとは我が家の『ダイナブック T351/46CR 』との相性がどうでしょう?

いざ、実装! メモリー交換実践

事前に東芝のホームページからサポート> 「増設メモリの取り付け方/取りはずし方

で予習していましたので、まず電源を切り、ACアダプターのプラグを抜き、

バッテリーパックも 外します。

なんとなくメモリーは静電気に弱い、とも聞いていたので、

静電気除去のためドアノブに触れます。

何やら儀式めいていますが、粛々と行っていきました。

パソコンを裏返すと、ネジで開けるカバーが2ヵ所。

真ん中のネジが3か所のほうのカバーです。

慎重に小さいネジを3本緩め、カバを開けます。

標準で装着されている2GBが2枚、折り重なるよう装着されていることが確認されます。

装着されているメモリーの両端に赤丸マークのフックで固定されているので、

このフックを外側に静かに開くとメモリーが40°ほどの角度で起き上がります。

起き上がったら、そのまま引き抜きます。

さらに、下側のメモリーが全貌を見せるので、

同様にフックを両側に広げ、起き上がらせたら、引き抜きます。

メモリー未装着状態

下側の隠れるほうから、新たな4GBを装着してきます。

下側になるメモリースロットに、先ほどと同様、

40°ぐらいの角度になるよう、コネクタのツメに切り込みが合う向きで差し込みます。

差し込んだら、そのまま倒しこみ両側のフックにカチッと固定されるまで、倒します。

2枚目の同様にスロットに挿して、倒す。

装着完了!!

カバーを戻し、3か所ネジを締めて作業は完了です。

あとはPCを立ち上げ、認識してくれているかどうか?

バッテリーパックを戻し、電源を入れてみます。

コントロールパネルからシステムを確認。

認識されていますね\(^o^)/

まとめ

今回実際にメモリー交換を初めて行ってみて、

メモリー購入先の選定が一番時間がかかりましたが、

実際の交換作業自体はビクビク行ったこともありますが、

それでも20分ぐらいで完了しました。

作業自体は、ネット上でのヒントも多く、

あっけないほど簡単でした。

また4GBから8GBにアップしたことで、

インターネットの表示速度、

エクセルや動画ソフトの表示速度が格段に上がり、

いわゆるサクサクを体感できています。

これまで、遅いパソコンとして出番が減っていましたが、

今ではメイン機に返り咲いています。

こんなことなら、なぜもっと早くやっておかなったのだろう…

と過去を後悔しています。

更なる野望はHDDをSSDに交換してさらなる爆速を目指すことです!

8年落ちのPCが現役復帰できたことは、なんかうれしいです。

ぜひモッサリなPCはメモリー交換をお勧めします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました